コラム

コラム【特定技能の運用方針4】

雪の高速道路

行政書士の前田です。
寒い日が続いておりますが、名古屋ももう1、2回ぐらい
雪が降る日が訪れるのかなと懸念しております。
名古屋はあまり、雪に対する耐性がないため、
少しの雪で交通がマヒしてしまいます。
名古屋高速は、雪がぱらつくだけで、
驚くほどの早さで通行止めになります。
子どもの頃は、あんなに雪が嬉しかったのに、
今は、できれば降ってほしくないと思ってしまいます。
皆さまも雪にはくれぐれもご注意ください。

さて、4回目の今回は、受入機関と登録支援機関のお話です。
受入機関とは、つまり外国籍の方たちが働く企業等のことです。
改正法により、新たな職種が増えたからといってどの企業でも
雇用することができる訳ではなく、受入機関の基準が決められております。

具体的には以下をご確認ください。
受入機関の基準

基準を確認すると、社会保険や労働保険の加入に代表される
法令遵守の基準が定められております。
お決まりの日本人と同等の報酬についても規定されていますね。
また適正に支援を行える能力・体制があることを求めれます。
これらは支援計画を作成し、計画が認定されなければなりません。
非常に曖昧な基準ですね。
ここからさらに具体的な基準が決定していく流れになるかと
思われます。端的にいうと、法令を遵守し、外国籍の方々を
受け入れる体制を整えていない企業については受入できないような
仕組みになっております。

次に、登録支援機関についてですが、原則は出入国在留管理庁が
支援計画を認定するのですが、出入国在留管理庁により登録された機関が
支援計画を認定することも可能ということです。この機関のことを
登録支援機関としています。

既存の在留資格と比較すると、支援計画の作成の手間が加わる分、
手続きはやや煩雑になるという印象です。

今日はここまでです。ありがとうございました。

CONTACTご相談・ご連絡

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

ACCESS連絡先・地図

名古屋みなと行政書士事務所
〒455-0068
名古屋市港区土古町二丁目20番地
TEL:052-746-7877 FAX:052-746-7879
営業時間:平日8:00~19:00